足利尊氏の僑墓(きょうぼ)がなぜ赤江にあるの?

本日のまち歩きでの学びの一コマ。

宮崎平野一帯が「国富荘(くどみのしょう)」と呼ばれていた時代、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために、1339年に天龍寺を創建しました。造営費用を賄うために、元寇以来途絶えていた元との貿易が再開され天龍寺船が渡航しました。天龍寺船を作るために使われたのが、広大な国富荘からの利益でした。

尊氏僑墓は、現在の宮崎空港建設のための立ち退きにより、現在地に移転されました。


閲覧数:28回0件のコメント